ベストケンコーshills

The Shills アメリカで注目のバンドを紹介

このページでは、アメリカで人気急上昇のThe Shills(ザ・シールス)について紹介していきます。

私が今最もお気に入りのバンドなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

The Shillsの略歴

The ShillsメンバーのDave SicilianJames Zanerは、音楽制作や工学を専攻した後、2006年にカリフォルニア大学バークリー校を卒業しました。

Ryan JacksonのメンバーでもあるBryan Murphyと一緒に 、彼らは過去10年間ボストンのロックシーンの原動力となっています。

The Shillsは、緻密に細工されたグルーヴ、パワフルなボーカル、そして幅広い創造的な音楽を提供し、最近Vents Magazineのボストンバンドのトップ10リストに1位として挙げられました。

Dave SicilianはSoundtrack Bostonの広告と長編映画のスタジオエンジニアとしても働いています。James ZanerはBlue Jay Recordingのチーフエンジニアであり、ポップデュオのNick and Knightのハウスエンジニアとプロダクションマネージャーとしてツアー中です。

Shillsの代表曲

Shillsはこれまで多くの素晴らしい楽曲をリリースしてきました。ここでは、彼らの代表曲を3つ紹介します。

Oh, This Devilish Place

Some They Try

Move On

アルバム

The Shillsはこれまで6枚のアルバムをリリースしています。いずれも聴きごたえのあるトラックなのでぜひ聞いてみてください。

  • Push
  • The Shills
  • Ganymede
  • Keep Your Hands Busy : Volume 1
  • Keep Your Hands Busy: Vol. 2
  • Moon Sand

全てのアルバムはbandcampからオンラインでダウンロードできます。

なお、Shillsのアルバムはベストケンコー(BestKenko)では購入できません。

公式Twitter・Facebook

The Shillsの最新情報はTwitterとFacebookをチェックしてください。最新のライブやイベントの出演情報などを発信しています。

Twitter(@theshillsband)

Facobook